FC2ブログ
歯の治療にいたった経緯と、わんこの歯科治療に関して、私なりに
思った事を、ちょっとまとめて書いておこうと思う。
  (文字が多いので、ときどき写真を差し込んでいますが、
             内容と関係ない、今日の風太です♪)


風太は、これまで、3回、歯石取りをしてきた。
麻酔をかけたついでと、去年の春は、麻酔なしでやってくれるトリマーさんを
見つけて、やってもらっていた。

普段のお手入れも、全くしていなかった訳ではない。
歯ブラシ、オーガニックコットンを水に濡らしてこする …など。
歯ブラシは、かなり嫌がっていたので、手抜きになっていたのは事実…

スケラーも、たまに使っていたのだが・・・
スケラーで下の小さな歯を押した時に、ほんの少し動く気がしたのが、先月。

『犬の歯医者さんってあるのかな?』と思い、調べ始めた。

いつも健康診断を受けている病院に行かなかったのは、今年の春の検診でも、
歯もみてくれたけど、とくに問題はなかったので、それ以上の事は、言われない
気がしたから。 人間だって、健康診断と、歯の検診は別だし…。


歯医者さんではないけど、歯科治療に力をいれている動物病院を見つけ、
うちから、車で30分くらいの場所なので、行ってみる事にした。
『歯石取りをしてもらって、正しい歯磨きのやり方を教えてもらいたい』・・・
くらいの、軽い気持ちで。


   DSC_004388_20100821200156.jpg
   【今日も、1階の仕事部屋に連れて行くと、
              私のかたわらで、外を見張っていた】


診察してもらい、まず言われたのが、歯周病がすすんでいるとのこと。
どの歯のまわりの歯茎が悪いか、いろいろ説明され、視診のあと、歯の
レントゲンもとり、具体的に示され・・・
【いくつか治療方法がある】という話のあたりでは、頭がぼーっとした。

正直、ショックだった。
今まで、きちんと手入れできていなかったのを、痛感させられた。

治療方法をいくつか説明されて、まったく予備知識のなかった私には、
えらい事になった…どうしよう…とまどうばかりで、記憶がとびとび(汗)

はっきり覚えているのは、
 人間と違い、犬は、歯がなくても、ものを食べられます。
 歯の治療をするかどうかは、飼い主さんの気持ち次第です。
 歯が残っているから、長生きするかどうかは、データがありません。
 ただ、長生きしている犬は、歯がある という事は言えます。


   DSC_00440088.jpg
   【ときどき、こんな顔をするので、猫さん発見か!?
           …と 外をみるが、何もいない… (^^ゞ 】



治療の説明についてのあいまいな記憶をうめるため、その後、なんども
メールで質問をさせてもらった。

 風太の今の状態は、治療方法がある。
 このままにしておけば、だんだん歯がグラグラしはじめるだろう。
 ちょうど、風太パパも、徹底的に歯の治療をしている最中。
 風太が、歯のぐらつきで、物が食べると痛みをともなったりするのは、
 可哀想。治療ができるのなら、してもらおう…と話し合った。



「治療前日の写真」  ここだけは、本文と関係あり画像。
DSC_005911.jpg

DSC_005811.jpg

歯茎を傷つけてしまう可能性の方が大きいので、今は歯ブラシはしないで下さいと
言われて、診察から施術までの数週間(なかなか予約がとれず)、その間何もできず、
それまでより汚れている。
それでも、ギョッとするほど、汚くはない!? いや、汚いよね…(>_<)


     DSC_00560088.jpg
  1階の仕事部屋では、風太は、こんなイスで寝ている。偉そう?(笑)
  一度、ここに寝せたら、すっかり、ここを自分の場所と決めたようだ。
  私は、この隣で、もっとちゃちい折畳みイスを使っている・・・(^m^*

    

月曜に、サージカルパックを取ってもらうと、本格的に歯磨き開始。
歯ブラシ、マウスウォッシャー、ジェル・・・飼い主の頑張りどころ。

風太も頑張ってくれたんだし、頑張らなくっちゃ! と気を引き締める。。。


*     *     *     *     *     *     *
     

 犬の歯の治療については、あまり情報が豊富ではない気がします。
 全国どこでも、これらの治療を行っている病院があるわけではないので、
 みなさんに、おすすめするものでもないです。

 犬は歯がなくても食べられるので、歯周病がすすめば、抜いてしまうのが
 一般的なようです。

 風太が年齢なりの歯茎だったのか、尋ねたら、上は、そうだけど、
 下は、やや悪い方かも…と言われました。
 これは、風太の体質なのか、食べ物のせいか、、、わかりません。
 犬種による違いもあるようですが、日本テリアは、データがないそうです。
 ちなみに、奥歯は、固いものをゴリゴリ噛める歯みたいです。

  
 歯周病になりやすい、なりにくい …それぞれの体質があるとは思いますが、
 正しい歯磨き方法や、予防法をこれからしっかり教えてもらい、実践できたら、
 また、ブログでも紹介したいと思っています。

 
歯の治療記事がつづき、面白い記事がないのに、おつきあい、ありがとうございました。


ぽちっ してもらえるとうれしいです♡
にほんブログ村 犬ブログへ

スポンサーサイト