前回のつづきになります。

その後・・・
まだ、通院は続いています。

毎日、病院で受けている治療は、皮下補液。
血管にする点滴と違って、文字通り、皮膚の下に入れるので、
10分〜15分程度待っていれば、終わります。

ただ、病院が都内で、うちから車で30分、道路が混むともっとかかるので、
朝、とてもあわただしい日も…。パパの協力もあり、がんばって通っています。


初めて皮下補液を入れたときは、背中から横っ腹にかけて、ぽっこり膨らんで、
徐々にさがっていきましたが、今は、病院から帰り、すでにこんな感じ。
ホルスタインみたい(!?)
IMG_4116.jpg

ちなみに、車での移動中、ドライブボックスを使っていますが、
ちょっとコンビニに寄ったら、ボックスから出て、運転席を占拠〜(笑)

本人(犬)、お腹のぽっこりは、気にはならないようです。


最初の頃は、皮下補液以外に、3本の注射を打っていましたが、少しずつ減り、、、
吐き止めの注射も、昨日で終了しました。
これで、吐かなければ、万歳。様子をみています。


話がさかのぼりますが・・・
2月20日からの2日半、立て続けに吐いたあと、膵炎を疑われ、
「spec 膵炎マーカー」という検査を受けました。
結果が出るまで1時間かかる検査です。

P1070710.jpg
結果は陽性。「膵炎」との診断が出ました。
 
上記の検査は、頻繁にやるタイプの検査ではないとのことで、
その後は、血液検査で様子をみていますが・・・
2月26日の時点では、CRP. LIPが高かったけど、3月1日は標準値までさがっていました。
膵炎の方は、ひとまず落ち着いたのかな と思います。

ただ、まだBun,Creの数値が高いので、腎不全の治療継続。

そして、昨日(3/5)の血液検査が、だいぶよかったので、治療内容を減らしながら、
さらなる回復を目指しています。


皮下補液、飲み薬4種類を続けつつも、一番大事なのは、「食べる事」

最近の風太は、「なにか食べたい!」とアピールをします。食欲はあります。
だけど・・・なんでも食べてくれる訳ではない です(ためいき)
今に始まった事ではないけど、、、.。


とりあえず、今あげてるフードは、これ↓
P1070701.jpg
フードの写真を撮ろうとしたら、風太が前に座り、ポーズとりました(笑)

最初は、大喜びで食べたけど、案の定、だんだん食べなくなりましたが、
他のフードよりは、食べてくれる確率は高い。

缶詰は、吐いたトラウマからか、拒否するようになっています。

手作りごはん派ではないのですが、食べてくれるものをあれこれあげています。
食べたい気持ちはすごくあるので、いい傾向です。
風太の面倒なところは、好きなものと、食べたくないものをまぜると、食べない事。
いや、まぜなくても、一緒の器に入ってるだけで、好きなものも食べない。
・・・頑固です(苦笑)

IMG_4201.jpg

目新しいものには、反応するので、いろいろな人のお話を聞いて、試しています。
鶏胸肉は好きで、ブームは続いています。
他に食いついたのは、パスタ、トマト(ブームは短かったけど)、生の大根スライス。
ワン友さんのアドバイス、有り難い です。感謝〜。


治療の効果がでて、その上、ゴハンを食べてくれると、元気もでます。

昨日は、久しぶりにお散歩にもいき、いっぱいクンクンしました♪
IMG_4155.jpg


顔つきも、ずいぶんよくなりました。
DSC_0035_201703062200566f6.jpg


とはいっても、まだ毎日の皮下補液を受けた上でのこと。
食べないと、すぐに数値は悪化するそうなので、気は抜けない。


まだ通院がつづきますが、風太、がんばっています。


にほんブログ村 犬ブログへ