FC2ブログ
歯の治療にいたった経緯と、わんこの歯科治療に関して、私なりに
思った事を、ちょっとまとめて書いておこうと思う。
  (文字が多いので、ときどき写真を差し込んでいますが、
             内容と関係ない、今日の風太です♪)


風太は、これまで、3回、歯石取りをしてきた。
麻酔をかけたついでと、去年の春は、麻酔なしでやってくれるトリマーさんを
見つけて、やってもらっていた。

普段のお手入れも、全くしていなかった訳ではない。
歯ブラシ、オーガニックコットンを水に濡らしてこする …など。
歯ブラシは、かなり嫌がっていたので、手抜きになっていたのは事実…

スケラーも、たまに使っていたのだが・・・
スケラーで下の小さな歯を押した時に、ほんの少し動く気がしたのが、先月。

『犬の歯医者さんってあるのかな?』と思い、調べ始めた。

いつも健康診断を受けている病院に行かなかったのは、今年の春の検診でも、
歯もみてくれたけど、とくに問題はなかったので、それ以上の事は、言われない
気がしたから。 人間だって、健康診断と、歯の検診は別だし…。


歯医者さんではないけど、歯科治療に力をいれている動物病院を見つけ、
うちから、車で30分くらいの場所なので、行ってみる事にした。
『歯石取りをしてもらって、正しい歯磨きのやり方を教えてもらいたい』・・・
くらいの、軽い気持ちで。


   DSC_004388_20100821200156.jpg
   【今日も、1階の仕事部屋に連れて行くと、
              私のかたわらで、外を見張っていた】


診察してもらい、まず言われたのが、歯周病がすすんでいるとのこと。
どの歯のまわりの歯茎が悪いか、いろいろ説明され、視診のあと、歯の
レントゲンもとり、具体的に示され・・・
【いくつか治療方法がある】という話のあたりでは、頭がぼーっとした。

正直、ショックだった。
今まで、きちんと手入れできていなかったのを、痛感させられた。

治療方法をいくつか説明されて、まったく予備知識のなかった私には、
えらい事になった…どうしよう…とまどうばかりで、記憶がとびとび(汗)

はっきり覚えているのは、
 人間と違い、犬は、歯がなくても、ものを食べられます。
 歯の治療をするかどうかは、飼い主さんの気持ち次第です。
 歯が残っているから、長生きするかどうかは、データがありません。
 ただ、長生きしている犬は、歯がある という事は言えます。


   DSC_00440088.jpg
   【ときどき、こんな顔をするので、猫さん発見か!?
           …と 外をみるが、何もいない… (^^ゞ 】



治療の説明についてのあいまいな記憶をうめるため、その後、なんども
メールで質問をさせてもらった。

 風太の今の状態は、治療方法がある。
 このままにしておけば、だんだん歯がグラグラしはじめるだろう。
 ちょうど、風太パパも、徹底的に歯の治療をしている最中。
 風太が、歯のぐらつきで、物が食べると痛みをともなったりするのは、
 可哀想。治療ができるのなら、してもらおう…と話し合った。



「治療前日の写真」  ここだけは、本文と関係あり画像。
DSC_005911.jpg

DSC_005811.jpg

歯茎を傷つけてしまう可能性の方が大きいので、今は歯ブラシはしないで下さいと
言われて、診察から施術までの数週間(なかなか予約がとれず)、その間何もできず、
それまでより汚れている。
それでも、ギョッとするほど、汚くはない!? いや、汚いよね…(>_<)


     DSC_00560088.jpg
  1階の仕事部屋では、風太は、こんなイスで寝ている。偉そう?(笑)
  一度、ここに寝せたら、すっかり、ここを自分の場所と決めたようだ。
  私は、この隣で、もっとちゃちい折畳みイスを使っている・・・(^m^*

    

月曜に、サージカルパックを取ってもらうと、本格的に歯磨き開始。
歯ブラシ、マウスウォッシャー、ジェル・・・飼い主の頑張りどころ。

風太も頑張ってくれたんだし、頑張らなくっちゃ! と気を引き締める。。。


*     *     *     *     *     *     *
     

 犬の歯の治療については、あまり情報が豊富ではない気がします。
 全国どこでも、これらの治療を行っている病院があるわけではないので、
 みなさんに、おすすめするものでもないです。

 犬は歯がなくても食べられるので、歯周病がすすめば、抜いてしまうのが
 一般的なようです。

 風太が年齢なりの歯茎だったのか、尋ねたら、上は、そうだけど、
 下は、やや悪い方かも…と言われました。
 これは、風太の体質なのか、食べ物のせいか、、、わかりません。
 犬種による違いもあるようですが、日本テリアは、データがないそうです。
 ちなみに、奥歯は、固いものをゴリゴリ噛める歯みたいです。

  
 歯周病になりやすい、なりにくい …それぞれの体質があるとは思いますが、
 正しい歯磨き方法や、予防法をこれからしっかり教えてもらい、実践できたら、
 また、ブログでも紹介したいと思っています。

 
歯の治療記事がつづき、面白い記事がないのに、おつきあい、ありがとうございました。


ぽちっ してもらえるとうれしいです♡
にほんブログ村 犬ブログへ

  
コメント

風太くんは
歯がぐらぐらになる前に気がついて、よかったですね。
私は、気付いた時には
ろむの歯はもう何本もぐらぐらで
歯ぐきも赤くなって後退しているところもあったの(T_T)
先生にはやはり、抜歯しても影響はあまりないといわれました。
今後の歯みがき、頑張って下さいね!
今日の記事は、お口と一緒に、
おめめまでひんむかれちゃってる風太くん(^^)で
十分面白いですよぉー(笑)
はいり│URL│08/21 23:41│編集

情報はとてもありがたいです。
モアナは生食が主ですから、見た目では歯石もなく、口臭もなく、トリマーさんや病院でも指摘されたことはなかったんです。
でも、牛の蹄で奥歯が割れてしまってから、なんか口臭が出るようになりました。

口臭が出るというのは、口腔内に思わしくない菌が繁殖している証。

老人の歯磨きで、インフルエンザの感染予防になると言われるくらだから、やっぱり口の中の衛生は人もペットも必要と感じています。
おじやの須崎先生によると、口の中が奇麗な子は病気も治りやすいらしい、、、。パピンコのことが一段落したら、モアナも奈々も見てもらおうと思っています。

風太くんの歯の健康レポート、楽しみにしていますね。
秋│URL│08/22 03:57│編集

う~む・・・、歯のお手入れは、かなり難しいと思いますし
嫌がるのを無理やりするのはなぁ、って思ってしまって
ついつい手抜き(っていうのかな?)になるのは仕方ないかなぁ、
って思うんです。
それこそ、もっと昔、私が子供のころなんて、ペットの歯磨きなんて
してる人の方がめずらしかったんじゃないのかな、って思いますし。
そう考えると、ペットに関する考え方は、どんどん進歩して、
昔よりも健康で長生きできる子は確実に増えてますよね。

風太くんは、普通以上にいろんなことを気にかけてもらって
たくさんのケアをしてもらってると思いますよ。
うちなんて、(ねこと犬の違いはありますが)やった方がいいってわかってても
なかなか歯のお手入れまで出来ませんもん。
風太くんは幸せだなぁ、と思います、こんなに細かいところまで気にかけて
一生懸命ケアしてくれるママやパパがいて。
バボ│URL│08/22 08:01│編集

歯周病は人間だって同じですものね。
きちんと磨いているつもりでも、
歯医者さんでは、チェックがはいりますものね。
風太ちゃん、早目につれていってもらって、
よかったね~♪
歯がなくても食事ができるのは、ニャンコも同じです。
ニャンコはとくに歯磨きがきらだから。
抜歯されることのほうが多いかな。
風太ちゃん、イスでおくつろぎ(^^)
風太ちゃんの定位置に決定ですね~♪
エリカラ、もうすこしですね!!!
風太ちゃん、がんばったね(^^)ポチ☆
キキコ│URL│08/22 11:13│編集

うち 歯磨きろくにしてないよ~。
シオンは大きい骨なんかをガリガリやっているから
綺麗なんだけど
ソルトは 硬い物を食べないので
奥歯 早くも歯石あります。
真剣に考えないといけないな~考えさせられました。
詳しく情報ありがとう。

風太くん 頑張ったね★
sorusio│URL│08/22 13:18│編集

ふうう~~~んと感心して読みました
歯がなくても大丈夫ってのが......良いのか?悪いのか?ちょっとビックリだったけど
長老でなくなったピポは犬歯が一本抜けてて一本は早い時点で折れてた
でもカリカリ好きだったし。。。。。食べれてたなあ
ケン猫は歯は最後迄キレイでした
ンン~~~匂いはあったけど.....
歯の丈夫さと長生きはそれぞれの様ですね

でも、風太君はこれでキレイになる訳だし...幸せ者ですね
長い間サージカルバックつけてて偉かったですね!ご苦労様
ガンちゃん│URL│08/22 22:17│編集

こんなにきれいな歯なのに、歯周病なんて。
メリーなんて、ほんとすごかったです。
昔は本当に、さんな知識もなく、しかも歯石を取るには
遅すぎました。心臓が悪く、麻酔が怖かったのです。

今も法的には獣医さんは何々科という専門科目を
看板に出せないということをきいたことがうありますが
口コミであの先生は歯科が得意とか、整形外科はあの獣医さんとかいう情報が得られますよね。

ある意味きちんとしたオーナーさんにとっては
わんこの健康管理がしやすくなったともいえます。
それだけにしっかり管理してあげたいですよね。

だって大切な家族。
愛犬をまるでおもちゃのように扱う
飼い主さんがいると涙がでます。
たこりん│URL│08/22 23:37│編集

ご無沙汰しております~
こっそり見にきていたのですが
とても皆さんにコメントを残せるほど余裕がなかったんですが
もうだいぶ落ち着きました。

風太君頑張りましたね!
お疲れ様でした。
うちのパピ達に比べると歯が大きいわ~
私にはそこまで汚いというか綺麗に見えるけど、大変でしたね。

デンタルケアについてってあまり情報が無いのは確かですが
やはり犬の歯でもアメリカに比べて数十年遅れているようですね。
うちの2パピとも歯垢が付きやすく、アキレスなどをあげても
奥歯はやはり綺麗にはならずに、口臭すると焦って磨いてます。
それでも磨き残しはあると思うので、歯磨きだけではどうしても歯石にり
一生付き合わないといけないですよね。
色々と参考にしたいと思ってますので、更新を楽しみにしております。
おぐママ│URL│08/23 15:58│編集

<はいりさんへ>

>先生にはやはり、抜歯しても影響はあまりないといわれました。

そうなんですよねー。
まったく歯がなくても、食べられるのは、人間とは、違うんですよね。
ろむちゃんは、ぐらぐらしていたのなら、抜歯して、食べやすくなったはずですね。

>今後の歯みがき、頑張って下さいね!

継続しないと…ね。 頑張ります^^

>今日の記事は、お口と一緒に、
>おめめまでひんむかれちゃってる風太くん(^^)で
>十分面白いですよぉー(笑)

きゃっ、本当だ! 私の手で、目をひんむいてる・・・(^^;
面白いところを、見つけてくださって、ありがとう!(笑)

----------------------------------------------------
<秋さんへ>

牛の蹄で、歯がかけたり、割れたりする例は、多いそうですね。

>口臭が出るというのは、口腔内に思わしくない菌が繁殖している証。

そうですね。
人間も、歯の健康なお年寄りは、元気みたいですよね。

情報のひとつとして、役にたてば、うれしいです。

今は、パピー達のお世話で大変な時期ですね。
すくすく元気に成長するようすを、楽しみにしています。

-----------------------------------------------------
<バボちゃんへ>

確かに、ペットに対する考え方は、変わってきていますよね。
動物医学も進歩してきてるし。

バボちゃんちのネコちゃん達も、いくつもの病院で検査してもらったり、
大学病院でも診察してもらったり・・・すごくケアしてもらって、みんな、
しあわせだな~って、つくづく思っています。

ネコちゃんは、歯磨きは、どうなんでしょうね?
きれい好きで、全身、自分で手入れするイメージがありますけどねぇ。

----------------------------------------------------
<キキコさんへ>

>歯周病は人間だって同じですものね。

そうですよね。自分の歯だって、定期的に歯石とりしないとダメなんだから、
なかなか磨かせてくれないわんこの歯が、きちんと磨けてるはずがない(苦笑)

>歯がなくても食事ができるのは、ニャンコも同じです。

あ、そうなんですか。やっぱり、歯周病になると、抜いちゃうんですね?

>風太ちゃんの定位置に決定ですね~♪

寝心地、いいみたいです(笑)

本日、エリカラ、取りました! 自由の身です^^
いつも、応援ありがとうございます♪

--------------------------------------------------
<sorusioさんへ>

シオンくんは、歯がきれいなんですね~。うらやましいわ。
風太は、固いものをあげても、奥歯で噛むだけで、口の中すべてを
使ってくれない感じ…(^^;
小型犬の方が、口も小さいし、歯磨きも大変かも。
ソルトくんも、まずは、チェックしてみてね。

あくまでも、風太の場合の情報だけど、なにか、ヒントになれば、うれしいです^^

シオンくんこそ治療で大変なのに、風太に応援ありがとう~♪

----------------------------------------------
<ガンちゃんへ>

歯が1本もなくても、カリカリフードも食べる…というか、飲み込むらしいです。
それで、支障がないのが、人間と違うところですよね。
ぐらついてるときが、一番不自由で、食べられないから、抜いちゃうって事みたいです。

>歯の丈夫さと長生きはそれぞれの様ですね

そうそう、歯だけがすべてじゃないからね~。

>長い間サージカルバックつけてて偉かったですね!ご苦労様

ねぎらいの言葉、ありがとう!
本日、とってもらいました! 自由の身です^^

----------------------------------------------------
<たこりんさんへ>

>こんなにきれいな歯なのに、歯周病なんて。

歯の表面の汚れより、歯間のよごれが、歯茎をもろくさせちゃうって事だと思います。

昔は、みんな歯磨きとか、していなかったですよ。
麻酔も、どんどん進歩していて、人間用と同じレベルらしいです。
もちろん病院によりますが、リスクは、うんと減っているそうです。

>口コミであの先生は歯科が得意とか、整形外科はあの獣医さんとかいう情報が得られますよね。

口コミ情報は、ネット社会の強みですよね。

ペットを家族の一員として大切にする人と、そうでない人の差は、大きいですね。
人間より早いスピードで、年をとってしまうので、なおさら、しっかり
みてあげなきゃいけない…と私は思うのですが。

-----------------------------------------------------------
<おぐママさんへ>

こんばんは。お忙しいのに、コメントありがとうございます。

表面の汚れより、歯間の汚れが、きちんと落とせていなかった事で、
歯茎がもろくなっていました。
先生の目には、歯茎の状態は一目瞭然のようでしたが、私には、説明されても
「そうなんだぁ」くらいの、感じでした。
素人には、わかりにくいですね…。

>デンタルケアについてってあまり情報が無いのは確かですが
>やはり犬の歯でもアメリカに比べて数十年遅れているようですね。

そうなんですか! 
アメリカでは、専門分野が分かれていたりするのでしょうか?

>それでも磨き残しはあると思うので、歯磨きだけではどうしても歯石にり
>一生付き合わないといけないですよね。

完璧な歯磨きは、難しいように思います。
そもそも、自分の歯だって、完璧に磨けないから、定期検診で、歯石を
とってもらってる訳だし(苦笑)

おぐママさんのように、ためになる情報を、的確に記事にするのは、
私は得意じゃないのですが…(^^;
これからも続けていく予防について、また書きますね。

風太ママ│URL│08/23 22:14│編集

ショーンです
たった今、奈良遷都1300年祭の
大極殿ライトアップから戻りました
今夜は読み逃げで失礼します
明日ゆっくりおじゃましますね
トイプードルのふぅ│URL│08/23 23:44│編集

ショーンです
ぜひ風太くんの経過をレポートしてくださいね
実はふぅの歯石とりをしたときに、前歯の一部が
動いている、歯茎も少し悪いと言われました
ふぅはアンダーで歯並びも悪く、前歯に歯垢が
たまりやすいのです
獣医さんへ行った方がいいのかと尋ねると、いや
行っても抜かれるのが関の山だと・・・
毎日のケアはしているものの、これでいいのかと
とても不安です
トイプードルのふぅ│URL│08/24 18:45│編集

<ショーンさんへ>

2回もコメントいただき、ありがとうございます!

ふぅちゃん、歯石取りしたときに、そういうお話があったんですか。
前の小さい歯は、モノを噛むのに、あまり大事でないそうなので、
ぐらつけば、抜いてしまう可能性がありますね。

>獣医さんへ行った方がいいのかと尋ねると、いや
>行っても抜かれるのが関の山だと・・・

確かに、そうかも知れません。でも、不安ですよね。
治療をしてくれる病院が、ふぅちゃん地域にもあるといいのですが。

風太のメンテについては、またレポートしますね。
風太ママ│URL│08/24 22:20│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://fuuta1128.blog114.fc2.com/tb.php/481-494dde86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)