今年4月に、Dog Doc を受けたとき、血液検査でAlb (アルブミン)の数値が低く、
要再検査といわれた。

11/11(月) 血液検査にいった。
       春と同様、Alb の数値がひくいままだった。

   DSCF047555.jpg
    (病院 待合室にて)


11/13 (水) 外注の血液検査(spec 膵炎マーカー)を行ってもらうため、
      再び採血にいく。

11/15(金) 今朝、電話で、検査結果の報告をうけた。


結果:もっとも疑われていた慢性膵炎は陰性。

そうなると疑われる病気は、いくつかあるそうだけど、治療法は、食事療法とステロイド。

先生の方針と私の希望が合致し、食事療法で経過をみることに決まった。
(*風太の今の状態が、体重も減っておらず、食欲も普通にあり、
 他の検査数値には、異常はみられないことをふまえた上での判断)


療養食のフードと水だけで、1ヶ月後に血液検査をし、Alb の数値をみる。


**   **   **   **   **   **   **   **

風太は、小さい頃から健康にめぐまれ、病院にかかることが少なかったので、
ご褒美というかそんな気持ちで、6年前から、年に一度、Doc検診を受けてきたのだが…

毎回「異常なし」「健康」・・・それが普通になっていて、安心料と思って受けていた。
今年、初めて異常がみつかり、「要再検査」となり・・・
正直、うろたえた。


今週月曜、検査結果がよくなかったときは、病院帰り、涙がにじんだ…。
なんだろ、、、ばくぜんとした不安感に押しつぶされそうになって、、、
弱っちい自分に情けなくなる。

よく考えてみたら、早期発見をするために、Docを受けているのではないか?
そうだ、だから、よかったんだ と思う事に・・・。


今月11歳を迎える、人間なら還暦。悪いところがでてくる年齢かもしれない。
今年は、お腹がゆるくなる事が多かったのも事実。
ただ、ここ1ヶ月以上、サプリもなしで、いい便を生産できていた。

検査の翌日、少し軟便になったが、そのあとはすぐに正常に戻っている。
(念のため糞便検査もしたけど、問題なし)


医学知識に乏しいので、やみくもに不安になってしまう自分だけど、
しっかりしなくちゃ と強く思う。
医学用語、専門用語をきくと、外国語を聞いてるみたいで…
頭がぼーっとして、ほんと情けない。


近々、病院に療養食を買いにいってくる。
風太は、これから1ヶ月、トッピングも、おやつもすべて我慢しなくちゃいけない。
普段、おやつはあまりあげていないけど、かといって、ゼロではないからなぁ。

「ごはんにトッピングかけてください!!」と、ストライキするだろうな、絶対。

今日の夜ごはんは、まだ、ここ最近のお気に入り(ブラックウッド3000)だけど、
トッピングなしに慣れさせようとしたら・・・やっぱり懇願した・・・

DSC_0016 - バージョン 2
ふうた:「トッピング、お願いします! でなければ、食べませんから!!」 

今日は、根負けして少しあげちゃった…(苦笑)
療養食に切り替えたあとは、心を鬼にして、絶対にあげないから…! 

お互いつらいけど、がんばろうね。


まずは、療養食を食べてくれるか? 
そんなところから、スタート。


にほんブログ村 犬ブログへ

  
コメント

麻呂です♪
風太くん、心配ですね。
トッピングなしでも美味しく食べてくれるといいですね。
ママも辛いでしょうが頑張ってね。
お食事で治るといいですね。
お大事に~!!
maro│URL│11/15 23:22│編集

風太くん 食事療養ですか。食べてくれることを祈ります。実は我が家のラペも昨日精密検査しまして血液検査は異常ないのですが前立腺肥大だそうです。犬も10歳ごろからなる確率が多い層で本人は別にそのために起こる以上はまだないので手術を考え中です。ワンも人間も年を重ねるとどこか悪いところが出るようですね。お互いに元気でいてくれることを願うのみですね。
カピラ 小坂│URL│11/16 13:45│編集

再検査…と言われるだけで、ドキドキしますね。
でも治療可能であれば、早く見つかってよかったと、
考えると少しは気が楽になるかと思います。

人もわんこも齢を重ねると、いろいろ出てきますね。
療養食っておいしくないみたいですが、
わんこによっては、気に入ってくれる子もいるらしいです。

うちのメリーもながいこと療養食…。
でもやっぱりおいしものを食べさせたいって
甘かったな~私。
風太ママさんの気持ち、よくわかります。

お大事にしてくださいね。風太くん、がんばれ~。
たこりん│URL│11/16 23:11│編集

風太くんはアルブミンの数値だけが問題ですか~。
ステロイドと療法食といったら、私も間違いなく後者を選びますね。
珊瑚も7月末から、ずっと病院通いしてますが・・・血液検査の数値に一喜一憂してますよ。
動物病院によって、治療は異なりますが・・・同じ腎不全でも、元カレのベックは療法食を勧められて、やはり食べないで苦労しているようでした。
珊瑚は手作り食の指導は受けましたが、皮下点滴とカプセルで・・・今はご飯完食なので、前より元気になりました。

これから風太くんは、療法食との戦いになりそうですね。
1か月間の辛抱だからね。でも11歳のお誕生日だけは、美味しいものを食べさせたいと思っちゃいますよね(笑)
まこちゃん│URL│11/17 09:50│編集

風太君、ご心配ですね。
動物は少々のことは我慢しちゃうから・・。
T.J.も1歳半頃にIBDをやりましたよ~。
albも低かったです。
以来、療法食(ダーマエイド)とステロイドの生活が始まりましたが、数か月から半年ほどで治まりました。
おやつを欲しがるので困りましたが、「特別なビン」に入れた
ダーマエイドを1粒ずつご褒美にしてました。
これでT.J.はころっと騙されて、「あのビンから出て来るおやつは美味しい」と認識したようです。
療法食の時からの名残りですが、普段のおやつは今でも「特別な瓶」に入れたフツーのフードです^^

還暦風太、復活を楽しみしてるよ~♪
ウチの還暦婆さんも最近変な咳をするから、
来週検査なのよ~。
トシとると色々あるよね。
T.J.ママ│URL│11/17 10:39│編集

<麻呂さんへ>

ありがとうございます。
やみくもに、心配してもしかたないとは思いつつ…。
一歩ずつよい方向にすすんでいけたらいいな と思っています。

療養食で数値が改善されることを願いながら、がんばってみます。

---------------------------------------------------------------------------
<カピラ 小坂さま>

ラペくんは、前立腺肥大と診断されたんですか!
手術するかどうか、考え中なんですね。
信頼できる先生と、じっくり相談して、決めることになりますか?
なにも異常、症状がでていないと、悩みますね。

とはいえ、症状がでて、急激に悪くなるというのをさけるためにも、
早期発見で、治療できることは、してあげたいものです。

お互いにがんばりましょう。
コメント、ありがとうございます。

----------------------------------------------------------------------------
<たこりんさんへ>

どこか調子が悪いのか、そうでもないのか、しゃべってくれないので、
自分のこと以上に、悩みます…ほんとに。

>うちのメリーもながいこと療養食…。

そうだったんですか。長期間だったんですね。

励ましの言葉、ありがとうございます。
しっかり、がんばります。

--------------------------------------------------------------------------
<まこちゃんへ>

アルブミンの数値だけなんです。
Docでは、血液、尿、便、心電図、腹部エコー、、、など、
一通りやってもらいましたが、そこだけがひかかりました。

>ステロイドと療法食といったら、私も間違いなく後者を選びますね。

ですよね。
先生がステロイドはできるだけ使いたくないという方針だったので、
よかったーと思いました。

珊瑚ちゃんの治療の日記は、しっかり読ませてもらっています。
シニア世代ということで、いろいろ参考になることも多いし、
励みにもなります。

まこちゃんの手作り食なら、先生も安心だと思われて、その方向で
薦められたんじゃないでしょうか。
誰でもできるわけじゃないですもの。

珊瑚ちゃんの体調がよくなってるのが、何よりですね。

>これから風太くんは、療法食との戦いになりそうですね。

もともと食べムラがあり、残すことが多いので、、、(苦笑)。
でも、どんなに懇願されても、今回ばかりは、だめなものはだめですし、
そのうち、あきらめてくれるのでは?と思っています。
どうしても、食べなければ、先生に相談します・・・。

誕生日ねぇ・・・実は、これまで一度も、ごちそうをあげたことは
ないんです!(^^;
いっぱい遊んであげるか、ハグしてあげるか、、、そんなお祝いなんです。
他の家庭では、誕生日にごちそうがでる ってこと、風太には内緒です(笑)

-----------------------------------------------------------------------------------
<T.J.ママさんへ>

ご心配、ありがとうございます。

>動物は少々のことは我慢しちゃうから・・。

それが怖いですね。
症状がでたときにはすごく悪化していた…なんてことは避けたいです。

>T.J.も1歳半頃にIBDをやりましたよ~。

そうなんですか! 
IBDは、今現在、可能性の一つです。

なにか、症状はあったのでしょうか?
数か月から半年ほどで治ったんですね。
若くても、そのくらい期間、かかるんですね。

T.J.の「特別なビン」・・・なるほど!!と思って、さっそく、
いつものおやつケースに、療養食フードを入れてみました。
私がおやつケースを持ったら、すごい勢いで走ってきたのですが、
・・・騙されてくれませんでした(--;

1歳半と10歳11ヶ月の知恵の差でしょうか!!??
すごい参考になったので、ヨシ!と思ったのですが、残念です。

普通に、元気なんですけどねぇ。
数値が改善するよう、療養食でがんばってみます。
コメントもらって、励まされました。ありがとうございます!

せつちゃん、咳ですか?
それは、心配ですね。
シニアになるということは、こういうことなんですね。

風太ママ│URL│11/17 20:52│編集

風太くんはやく療養食に慣れるといいですね。
以前飼っていたビーグルも半年ほど療養食を食べていました。
食いしん坊なんで特に問題なく食べていたのですが、盗み食いに拾い食いをしないかが、ハラハラでした。


我が家の日本テリアもトッピングはかかせません。
なしにすると全く食べないのでこまります…

お腹がすいたら食べるとわかっていてもかわいそうな気がしますよね。療養食専用トッピングとかあったらいいですよね。

風太君ちょっとの辛抱です頑張ってね!
キャリココ│URL│11/18 09:30│編集

まったく参考にはなりませんが、T.J.はこんな感じでした。
http://tj0104.blog61.fc2.com/blog-entry-51.html
T.J.ママ│URL│11/18 18:45│編集

<キャリココさんへ>

コメント、ありがとうございます!
ビーグルを飼っていらしたんですね。
食いしん坊のわんちゃんは、すんなり療養食でも食べてくれるので、
いいなーと思っていたのですが、「盗み食い拾い食い」の心配があるんですね。
なるほどねぇ〜。
風太は、その心配はないので…一長一短ですねぇ(^^;

>我が家の日本テリアもトッピングはかかせません。

そうなんですか! 
風太は、1歳、2歳のころは、トッピングなしでも
食べていたんですが、習慣ですかね。
一度、味を占めると・・・でしょうか。

>療養食専用トッピングとかあったらいいですよね。

ああ、それ欲しいです(笑)

まずは、一ヶ月、がんばります!

----------------------------------------------------------------------------------
<T.J.ママさんへ>

わぁー。ありがとうございます!

症状をみると、風太の場合、この病気とは違う気もしますが、
とても参考になりました。
おやつの厳選など、特別な瓶など・・・(笑)、なるほど!と
思うことがいっぱい。
メモらせてもらいま〜す!
風太ママ│URL│11/19 11:55│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://fuuta1128.blog114.fc2.com/tb.php/801-5c215f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)